妊娠線のかゆみの原因と対策最新版

妊婦さんの中には、妊娠線がかゆいという悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。

 

妊娠線のかゆみは、妊婦さんあるあるの一つですが、妊娠線が出来るだけでもガッカリなのに、かゆみまで出てきたらストレスに感じてしまいますよね。

 

そもそも妊娠線のかゆみは何が原因で起きるのでしょうか。

 

妊娠中、妊婦さんの体内では出産に控えるためにあるホルモンが分泌されます。
このホルモン、出産のためには必要なのですが、皮膚のターンオーバー機能を抑える働きがあり、肌のハリや潤いに不可欠なコラーゲンやエストロゲン生成が抑制されてしまいます。
このため、妊娠中の肌は非常に乾燥しやすく、さらに敏感な状態になってしまっているので、妊娠線の部分などデリケートな部分はとくにかゆみが発生しやすくなってしまうのです。

 

そこで、妊娠線のかゆみケアには、保湿クリームで対策することが有効になってきます。

保湿クリームで肌を保湿することで、乾燥を改善し、かゆみを抑えるだけではなく、妊娠線ができにくくなるので、おなかの大きさが目立ってきた時期から保湿クリームのケアをするのは特におすすめです。

 

妊娠線ケア用クリームや、妊娠線のかゆみ用クリームは多く市販されていますが、ネット通販で人気のおすすめクリームがアロベビーフォーマムです。

 

ママモデルや芸能人にも愛用者が多く、パッケージも可愛いのでブログやSNSで紹介されることの多い人気クリームです。

 

アロベビーフォーマムは、99%天然由来成分配合、スイゼンジノリというヒアルロン酸の10倍の保湿力のある成分や高保湿成分アクアキシルを配合し、高い保湿力で効果が実感できると口コミでも評判です。

 

また、ネロリのアロマのさわやか香りなので、リラックス効果も高く、超微香タイプなのでにおいに敏感な妊娠中にも安心して使うことができます。

 

妊娠線のかゆみが気になる方、妊娠線は出来ていないけれども妊娠線ケアをしたい方、その一番の対策方法は肌を保湿することです。
おすすめアロベビーフォーマムで、快適な妊娠生活を送って下さいね。

 

 

プレマーム妊娠線クリームはこちら