妊娠線予防ストレッチマーク消すクリーム人気おすすめランキング最新版

産後の妊娠線クリームとは
妊娠してお腹が大きくなり始める頃から皮膚が急激に引き延ばされ、できる「妊娠線」などを予防するためのクリームです。

また、できてしまったストレッチマークを消すクリームでもあります。

 

管理人はお尻と太ももに出来てしまった妊娠線ですが専用クリームを2本使い切ったところでほとんど見えなくなり、妊娠線の悩みから開放されました。

 

出産を終えましたし妊娠の予定もしばらくはないので妊娠線予防を行なう必要はないのですが妊娠線クリームの使用感をすっかり気に入ったので出産後もリピート愛用しています。

 

お手ごろ価格で購入出来てしっかりと妊娠線を予防、改善する効果を持つ超高保湿クリームを探しているのであれば、美肌成分が詰まっているプレマームをおすすめします

 

妊娠線クリームは以下のような方におすすめです

・妊娠線や肉割れ線・お腹のたるみ・黒ずみが気になる方
・妊娠中、妊娠が発覚した方で、妊娠・出産に伴う肌トラブルを防ぎたい方
・お腹やお肌のケアが面倒くさい方
・産後もキレイなお肌を保ちたい方

 

 

ここではクチコミでも人気の妊娠線予防ストレッチマーク消すクリームを紹介します。

 

 

妊娠線予防ストレッチマーク消すクリーム人気ランキング

ベルタ妊娠線クリーム

ベルタ妊娠線クリームは妊娠線で実績のある”シラノール誘導体”を配合

さらには、葉酸、美容成分3種類、アミン酸ビタミン5種類も入っています
柑橘系の天然さわやかな香りで匂いに敏感な方でも安心して使えます
妊娠中も産後もベルタ妊娠線クリームでケアしていれば大丈夫!
定期便初回は500円

【AFC】女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

妊娠中、産後すぐにでも使える安心して使える成分で出来たストレッチマーク(肉割れ)対策クリーム!

AFCマタニティクリームは葉酸やへスペルジンが入ってます。
お腹以外にに張ってしまったバスト
・妊娠中に変わってしまった体型のケアにも
・さらに、大切な赤ちゃんの肌ケアにも使えます。
2800円

W保湿/99%天然由来/かゆみケア【アロベビー フォーマム 妊娠線クリーム】

アロベビーフォーマム妊娠線クリームは絶対に妊娠線を作りたくない!でも肌にやさしい商品を選びたい!というプレママのための、

ヒアルロン酸10倍保湿+24時間持続型保湿のW保湿で妊娠線のない美しいお腹に導く妊娠線クリームです。妊娠期のかゆみケアに!
99%天然由来成分、国産オーガニックで赤ちゃんにも使えるやさしさです。妊娠中も気にならない超微香、さわやかなネロリのアロマです。2800円

妊娠線・肉割れ・セルライトに「ノコア アフタートリートメントクリーム」

ノコアは、出産や成長期、ダイエットの時期にできてしまった妊娠線・肉割れ線をケアするオーガニッククリームです。

アロマのネロリの香りがするので幸福感に包まれます
9割の人が使って4週間で効果を実感しています
でこぼこの肌やセルライトにもききますよ♪
ノコアは界面活性剤を使用せずに、最新のビタミンC誘導体やBODY3COMPLEXという新しい原料を使用しています
定期便クリームとオイルセトで10470円

オーガニックレーベルのママケアクリーム

ママケアクリームは無添加・無香料!安心と実感の独自配合クリーム!!

着色料・パラベン・シリコン・エタノールのなど8つの添加物フリーに加え、つわりの時でも安心してつかえる無香料タイプです。
柔軟性をキープするシラノール誘導体、EGF・HGF、葉酸・APPSを独自配合した実感力も抜群の専用ケアクリームです。
少量でも伸びがよくしっとりとお肌になじむから気持ちいいです。
定期便で初月は無料

6位潤い引き寄せ凸凹&脂肪を除去!★ミネラルボディクリーム★

ミネラルボディクリーム 保湿効果抜群なので、妊娠線対策にもおすすめです。

妊娠線の原因は、お腹が大きくなるスピードにお肌が追いついていけないことです。
大切なのは、お肌を乾燥させないことです。
お風呂上がりに軽くマッサージしながら塗ると効果的です。
5000円

7位産後・妊娠中の正中線でお困りの方に! メイドバイマムクリーム

メイドバイマムクリームは正中線専用美白クリームで厚生労働省認可の医薬部外品です。

妊娠線が黒い」「お腹の黒ずみ」「妊娠 黒ずみ」のお悩みに最適です
メラニン色素沈着を抑制してくれます
定期便でクレカ払いなら4470円

 

 

 

妊娠線消すクリーム口コミで一番おすすめ人気はここから

 

妊娠線というのは、実際に妊娠して見ないとなかなかピンと来ない皮膚トラブルです。
妊娠中のおなかは、普段よりぐんと膨らみますが、そのせいで、真皮はそのふくらみに耐えられず、損壊、色素が沈着して、ひび割れのようなシミが出来てしまうのです。

 

1番多く出来るのはおなかですが、それ以外の胴体部分や胸にも出来ます。
また複数いろいろな所に出来ることもあります。

 

妊娠中は、あまり気にならないかもしれませんが、後々ずっと残るので育児が一段落して、おしゃれを楽しもうと言うときになって、胴体のあちこちに目立つ線が残っていることになっちゃうのです。

 

妊娠線は防げないとも言われますが、ひび割れる真皮部分は保湿成分が多く含まれている場所、妊娠線の原因の1つは肌の乾燥も含まれているのです。

 

妊娠中は肌が乾燥しやすくなるので、放っておくと妊娠線が出来やすくなります。
早めに保湿を始めれば、あまり大事に至らなかったり、運がよければ出来ない可能性もあります。

 

どのみち、妊娠途中から普通肌の人でも皮膚がかゆくなったり、乾燥症状が出てくるので保湿は必須です。

 

しかし、普段使っている化粧品が妊娠中に合うとも限りません。
妊婦の肌は敏感ですし、においや触感にも普段よりずっと神経質になっていたり、好みが変わっていたりすることも珍しくはないのです。

 

妊娠線を予防するには妊娠線専用クリームを使うのがよいですね。
口コミなどで一番人気があるのはベルタ妊娠線クリームです。

 

 

これは産後もおなかやボディーがケア出来るようにするため、産後のたるんだおなかを引き締める効果のためなんですね。
早く使えばよかったと言う口コミも多数、早めのケアが妊娠線予防のポイントです。

 

 

 

詳細はここから

 

 

 

 

妊娠線の原因とかゆみ

 

 

妊娠線と言う言葉を聞いたことがありますか?
妊娠中に、おなかが大きくなってくるのは誰でも知っていますよね。
おなかの皮膚の伸びっぷりが、すごいなあと思いますよね。実はあの皮膚の伸びに体が追いついているわけではないのです。

 

皮膚は表皮と真皮の2重構造になっているのですが、伸びるのは表皮の部分、真皮は無理に引っ張られ、地割れをしてしまうのです。

 

その結果、地割れの部分に色素沈着が起き、スイカの模様のような、シミがおなかに出来てしまうのですね。これが妊娠線です。
これは基本的には取れないと言われています。

 

おなかが急激に大きくなることで起きるので、おなかだけではなく、太ももやおしりなど急激にサイズアップする場所ならどこでも起きますし、1本だけではなく複数出来ることもある厄介ものなんです。

 

妊娠線の原因はこのように急激な皮膚の伸びに、真皮部分が追いつかず損壊するせいですが、真皮部分にあるのは、コラーゲンやヒアルロンなどいわゆる保湿エリアなのですね。
妊娠中は皮膚が乾燥しやすく、より破壊しやいんです。

 

妊娠中は普通肌の人にも乾燥には注意です。特に後期に入ると足のすねなどいろいろな所にかゆみが出てきます。妊娠線が出るタイミングは非常に個人差があり、おなかが大きくなり始めたときにゆっくり出来る人もあれば、出産直前にいきなり出来る人もいます。

 

出来そうな目安が乾燥の目印にもなる「かゆみ」です。
妊娠中にかゆみを感じたら、すぐ保湿するようにしましょう。
オイルやクリームなど、使いやすい物でいいのですが、妊娠線専用クリームもあります。

 

人気が高いのがベルタ妊娠線クリームです。
皮膚の修復作用が高い成分、保湿成分がふんだんに入っているのです。

 

また妊娠中はのにおいや手触りなどにナーバスになりがち、べたつかない手触りと柑橘系の香りはリラックスしてお手入れするのにちょうどよいんですね。

 

また産後の皮膚のたるみにも有効なんだそうです。
産前産後のケア用品として使うとよいでしょう。

 

 

詳細はここから

妊娠線は横にもできるの?

 

妊娠線は、急激に体重が増えたりお腹が大きくなることで皮膚が引っ張られ、組織が断裂してしまう現象です。スイカの模様のように縦に裂けてしまうこともありますが、部位によっては横に裂けて線が現れることもあります。赤紫色だったり、白っぽい線が急にできていれば、それは妊娠線の可能性が高いでしょう。悪化を防いだり、少しでも予防するためには、肌をしっかり保湿することと急激に体重を増やさないよう日頃の管理が大切です。

 

 

 

妊娠線をケアするのに最適なホホバオイル

 

妊娠線をケアするオイルやクリームには色々な種類がありますが、その中でもおすすめなのがホホバオイルです。ホホバオイルは人の皮脂に似ているので、肌に馴染みやすいのが特徴です。浸透性に優れており、肌を保湿して皮脂とのバランスを良くする効果が期待できます。植物由来のオイルなので、肌が敏感な人でも安心して使うことができます。また、オリーブオイルに比べると、比較的リーズナブルな価格で購入できるというメリットもあります。

 

 

 

妊娠線予防にドテラのアロマオイルを活用しよう

 

妊娠線予防にはマッサージが定番の手法ですが、その際に使うクリームやローションがいろいろ販売されています。ことに香りや肌の細胞の活性化を促す作用としてお勧めなのがドテラ社のアロマオイルです。高品質のオイルは美容というポイントからも注目されていますが、妊娠期にお腹や胸をマッサージしながらリラックスして胎児と向き合っていく時間を過ごすのに、優しい香りがあるアロマオイルはぴったりです。気に入った香りを探したり、ブレンドしたりして、自分に合ったオイルを探してみましょう。これらは、出産後にも艶のある美しい肌を保っていくためのケアにもつながります。

 

 

 

妊娠線が後のボコボコにならないために

 

妊娠してどんどんお腹が大きくなるにつれ、気になるのが妊娠線でしょう。個人差があり全くできない人もいる一方で、出産したあとも目立ち皮膚がボコボコして醜くなってしまうこともあるといいます。このような症状は防げないわけではなく、妊娠線が目立たないようにするための対策用クリームなども販売されています。お腹が大きい時は自分のケアも億劫になりがちですが、出産した後に後悔しないよう無理しない程度のケアは頑張っておきたいものです。

 

 

 

妊娠線ができる割合とできやすい人

 

妊娠線は、全ての妊婦さんのうち50から60%の割合できるという報告があります。そして、二人目以降の妊娠である経産婦では80%の方に妊娠線ができるといわれています。双子や三つ子のお母さんは、子宮や腹部の皮膚もかなり強い力で引っ張られますので、お腹にひび割れしたような線ができやすくなります。また、お肌に弾力性がない人や身長が低い小柄な人も皮膚が強く引っ張られてしまう傾向があり、どうしても妊娠線ができやすくなってしまいます。

 

 

 

マタニティフォトで気になる妊娠線を解決!

 

妊娠の記念にマタニティフォトを撮っておきたいけれども、妊娠線が気になるというお気持ち、とてもよくわかります。自分でできる対処としては、妊娠線ボディクリームやニベア青缶などで地道に予防することです。もしくは、妊娠というすばらしくも大変な体験をがんばっている証が妊娠線ですので、それをも含めてマタニティフォトに残すという考えもあり。また、最新のデジタル技術はレタッチ処理もお手の物ですので、そこに頼るのも一つの手です。

 

 

 

妊娠線はいつからできるのか

 

妊娠線がいつからできてしまうのかは個人差がありますが、主な出来やすいタイミングとしては、つわりが終わる妊娠中期頃と妊娠後期あたりだと言われています。つわりが終わると一気に食欲が増して体重が急激に増えやすくなりますし、妊娠後期は出産に向けて一気にお腹が大きくなる時期です。このような急激な体重・体形の変化は皮膚が断裂しやすく、妊娠線ができやすいタイミングです。そのため体重管理に注意したり、妊娠線予防クリームを使用するなど対策を行いましょう。

 

 

 

妊娠線に効果的なおすすめの保湿剤

 

妊娠線に効果的なおすすめの保湿剤は、天然のオーガニックオイルや最新の研究で開発された保湿成分といった高品質な成分が入っているものです。妊娠線のケアは妊娠初期から始めますので、つわりの時にも使える香りに配慮されたものがおすすめです。また、お腹や胸、太もも、お尻などの広範囲に使用しますので、のびやすくベタつかないテクスチャーを選ぶことが推奨されています。このような保湿剤は、長期間使い続けますので値段と容量も大切なポイントです。

 

 

 

妊娠線をインスタで公開した有名人がいる!

 

一生懸命予防しても、自分では見えない部分にどうしてもできてしまう妊娠線。隠したいという女性の思いは一般的なものです。そんな中、自ら妊娠線の写真をインスタに載せた有名人がいるのをご存知ですか?オーストラリア出身のロビン・ローリー(モデル)、世界屈指のファッション誌で大活躍中の彼女は、ハッシュタグ「#tigerstripes」をつけて自分の妊娠線を公開したのです。妊娠・出産というとても大きなことを成し遂げた証だから、という理由からです。この投稿には世界中から7,000近くのいいね!が集まり、話題となりました。

 

 

 

妊娠線を予防するのに内臓を温めるのは効果的

 

気になる妊娠線を予防するために、内臓を温めることは効果があると言われています。もちろん妊婦の冷え性防止にもなりますが、それに加えて、内臓を温めると基礎代謝が上がって皮下脂肪がつきにくい状態になるからです。妊娠線予防のために内臓を温めたいと思うなら、腹巻や腹帯などを上手に活用することができるでしょう。お勧めなのは、締め付けがないパイル生地の腹巻です。これなら、悪阻が酷い場合や妊娠後期であっても着用することができます。

 

 

 

手軽に妊娠線の予防をするなら保湿効果の高いオリーブオイルがオススメです

 

女性にとって妊娠線は目立つので気になりますが、実は普段食用として使用しているオリーブオイルが妊娠線予防に適しているのです。
オリーブオイルなら簡単に手に入れることができ、保湿効果が高く市販で販売されているボディオイルよりも安いので手軽に予防することができますよ。
主成分のオレイン酸は母乳や皮脂にも多く含まれている成分なので、肌に潤いを与えて乾燥を防ぐ効果も期待できます。
水分が肌から蒸発するのを防いで肌を柔らかくしてくれ、抗酸化作用や美肌効果のあるビタミンEも含まれているので、オリーブオイルは妊娠線ケアに最適ですよ。

 

 

 

妊娠線のケアは専用クリーム以外でも大丈夫?

 

妊婦さんにとって妊娠線を予防するためのケアは欠かせないことです。そこで気になるのが、妊娠線予防専用のクリームでないと効果が無いのかということです。しかし結論から言えば、そのようなことはありません。大切なのはしっかりと肌に潤いを補い、保湿してあげることです。そのため使用するのは専用クリーム以外でも問題ありません。ただ、妊娠中は皮膚が敏感になっているため、できるだけ刺激が少なく肌に優しいものを選ぶと安心です。

 

 

 

妊娠線予防クリームはギフトに最適?

 

妊娠中の女性の多くが気になるのが、妊娠線ができてしまわないかということです。一度できてしまうと完全に消すのは難しいことから、なんとかしてできないように予防したいと考える女性が多くいます。そのことから、妊娠線予防クリームをギフトとしてプレゼントするのはおすすめです。妊娠線のケアはお腹が大きくなり始める前から行うため、妊娠が分かった初期の頃にプレゼントすると良いでしょう。肌が敏感になる妊婦さんを気遣って、肌に優しい成分のものを選ぶことが大切です。

 

 

 

妊娠線予防クリームはパラベンフリーである事を確認しましょう

 

出産経験した方は気になる妊娠線。予防の為にはどんな製品を使うのがベストでしょうか。体質に合う合わない、好み等ありますが、まず第一に「パラベンフリー」のものを選ぶようにしましょう。
パラベンは防腐剤として多くの化粧品等に添加されていますが、石油由来の成分です。パラベンが皮膚から経皮吸収して子宮まで到達する事はありませんが、免疫が下がりやすい妊婦さんにとって添加物は避けてほしい成分です。人によっては肌が負けてしまう事が有りますので注意して製品を賢く使いましょう。

 

 

 

妊娠線予防のクリームは1日何回塗ればいい?

 

出産経験がある人なら気になる妊娠線。出産後も人前で水着を着たい人も多いはず。
妊娠線は妊婦さんの7割が出来ると言われています。予防の基本は「肌の潤いを保つケア」と「血行を良くするマッサージ」が有効です。それには専用のクリームやオイルを使う事。では1日何回塗ればいいでしょうか。理想は「朝、お風呂上がり、寝る前」ですが、お風呂上がりにすぐ寝てしまう方は2回でも構いません。肝心な事は「乾燥させない事」「皮膚の代謝をあげる事」が大切です。

 

 

 

妊娠線治療には熱の刺激が有効

 

妊娠線の改善には、レーザー治療が用いられることは多いです。レーザーを照射して妊娠線に熱による刺激を与えることで、伸びてしまった筋肉を引き締めて収縮させることで、出ている症状を改善してくれます。さらには、レーザーを照射することで体内にコラーゲンを産生させることも可能です。これによって、高い美容効果を産み出すため産後の美容に悩んでいる人の場合にはこの方法が適しているといえるでしょう。
ただレーザーの熱によってやけどをしてしまう可能性があるため評判のいいクリニックを選んで治療を受けることは必須です。

 

 

 

痩せ型の妊婦さんこそ妊娠線に注意しましょう

 

妊娠してお腹が出てくると、それまでになかった状態でお腹の皮膚が引っ張られます。ことに痩せ型の妊婦さんのお腹のはそれまでに経験したことのない力で内側からぐいぐいと押し広げられるのです。その皮膚がのびる速度に耐えられずにひっぱられた後にできるのが妊娠線です。油断すると、すいかの模様のような跡が残ってしまいます。予防するには毎日のマッサージが大切です。妊娠初期から、入浴時にせっけんをつけて皮膚の状態を確かめるようにさすって洗ったり、入浴後にクリームをつけてゆっくりとマッサージしましょう。この日々のケアは、もし妊娠線が出来てしまっても、その進行を抑えたり、出産後に目立たなくすることにもつながります。

 

 

 

妊娠線のケア、そのビフォーアフター

 

妊娠線は、妊娠による急激な身体の変化で、お腹や乳房の周りにできる肉割れの線の事であり、重症になると裂けたような痕が残ってしまいます。予防するには入浴時などに丁寧にマッサージを行って皮膚の伸びが身体の変化に追いつくように丁寧にケアしていくことが大切です。そういったケアを日々続けることで、出産後に妊娠線を残さない、または、出来てしまっても目立たなくしていくことが可能です。さらに、そのマッサージは皮膚を伸ばすこと、また、伸びてしまった皮膚を出産後にもとに戻すことにもつながり、その身体の変化のビフォーアフターを実感するプロセスにもなります。

 

 

 

妊娠線対策とニベアクリームの使用量について

 

妊娠線が気になりだした方は、クリームなどを塗って対策しますが、どの程度の量をどのくらいの頻度で塗るのか、ニベアクリームを例にご紹介します。
まず量について、腹部全体に塗るので、人差し指でたっぷりと(チューブのニベアクリームの場合、約3cm程度)取り出し、満遍なく塗っていきます。
頻度については、時期と個人差があるので必ず何回塗るという決まりは無いですが、夏場で代謝が良い方はお風呂上りに1回。冬場や乾燥肌が気になる方は朝・昼・晩の3回を目安にすると良いです。

 

 

 

ベビーローションで妊娠線予防はできるの?

 

妊娠線は皮下組織が強い力で引っ張られることによりできる現象で、乾燥がそれを促進してしまうことも分かっています。ベビーローションは妊娠線専用のクリームではありませんが、乾燥を防ぐという面ではとても効果的で、無香料のものであればつわりの辛い妊娠初期に大活躍します。お腹がぐんぐん大きくなっていく妊娠中期から後期には、ベビーローションの他に油分が多めのクリームを足して使うことで、妊娠線予防により効果的となります。

 

 

 

妊娠線は後期にできやすい

 

妊婦さんの多くが気にする妊娠線ですが、出産前となる妊娠後期は妊娠線ができやすいタイミングの一つです。この時期はお腹が一気に大きくなるため、お腹の成長に皮膚の成長が追い付けなくなって裂けてしまうことがあります。少しでも予防するためには、肌の十分な保湿が効果的です。オイルやクリームなど保湿効果が高いものを選び、日頃からケアを行っておきましょう。肌が柔軟になることで引っ張られても組織が裂けにくくなります。

 

 

 

経産婦は妊娠線ができやすい?

 

初産婦さんより経産婦さんのほうが妊娠線ができやすいと言われるのには2つの理由があります。初めての妊娠中には時間がたっぷりあってボディケアをしっかりすることができていたはずですが、2人目の妊娠中には1人目の子どものお世話をしながらになりますので、自分のことにまで気を配る暇がありません。また、産後もしかり。気が付いた時には妊娠線がバッチリなんてことが多いです。一度伸びた皮膚は伸びやすいため、経産婦さんは妊娠線予防対策をよりしっかりしておいたほうが良いです。

 

 

 

妊娠線を予防するクリームをロフトで選ぶ

 

妊娠線を予防するためには早めの対策が重要なポイントとなります。早めにケアをすればするほど妊娠線が出来にくくなるからです。予防に役立つクリームは様々なメーカーやブランドから市販されており、保湿力が高いものや浸透力が高いものや低刺激で肌に優しいものなど特徴もそれぞれ異なりますので、自分の肌にぴったり合ったものを選びましょう。妊娠を予防するクリームはロフトでも購入可能です。様々な商品が豊富に揃っていますので積極的に利用してみましょう。

 

 

 

皮膚がピリピリするのは、妊娠線の予感?!

 

妊娠線予防をしっかりとしているからまだできていないけれども、なぜか皮膚がピリピリすると感じている場合は要注意です。妊娠線は内側の皮下組織が傷つくことによって始まりますので、ピリピリするのを感じた場合、表面化するのは時間の問題です。特につわりがやっと終わるであろう妊娠5ヶ月目あたりから、お腹周りが大きくなってきますので、妊娠線予防をしっかりと行いたい時期です。すでにピリピリ感がある時は、予防クリームをたくさん塗り込みましょう。

 

 

 

妊娠線の予防に馬油やニベアは効くの?

 

妊娠線を作りたくないけれど、専用のボディクリームは高価で何度も買うのは躊躇する、という人も少なくありません。そこで「馬油、ニベア青缶が妊娠線予防に使える」という、気になる口コミを調べてみたところ、肌の保湿には効果テキメンで浸透力も優れているとのこと。但し、真皮層にまではその浸透が届かないとの声もあり、妊娠線予防には保湿の面では役立つということになります。専用のボディクリームの補助役として馬油やニベア青缶を使うというのがベターと言えるでしょう。

 

 

 

妊娠線の効果的な取り方

 

産後にだんだんとお腹が萎んでいくにつれてその存在が露わになってくる妊娠線。取りたくて悩んでいる人も多いはずです。妊娠線の取り方には、レーザー・瘢痕修正術などの手術、ダーマローラーという針の治療法、専用ボディクリームを使うという3種類の方法がありますが、中でも無理なく効果的なものはボディクリーム法です。肌の乾燥も防ぐことができて、ターンオーバーも促すため、妊娠線を皮下組織から確実に改善していきます。

 

 

 

妊娠線、3人目にもなると…

 

3人目の妊娠ともなると、過去2回の妊娠で大きく伸びたお腹や胸の皮膚は初産婦に比べて柔らかく、それ以前よりも伸びやすくなります。しかし、それは逆にお腹がより大きくなりやすく、妊娠線が出来る可能性はより大きくなるのです。よって、以前の妊娠線が残っているから、などと諦めず、ケアを丁寧にしていくことで、3回目の妊娠による体の変化をじっくりと味わい、出産後にきれいなお腹や胸を取り戻すことにもつながるのです。

 

 

 

妊娠線が増える前に予防を

 

一度できてしまうと消すのが大変な妊娠線ですが、できてしまったからと言って諦めるのはまだ早いです。これ以上増えることがないように、また、少しでも悪化せず薄く消すことができるようにケアを行うことが大切です。保湿力が高いクリームやオイルなどを使用し、肌を徹底的に保湿しましょう。そうすることで肌に柔軟性が出て伸びやすくなり、裂けてしまうリスクが低くなります。毎日ケアを続けるのは大変かもしれませんが、これ以上悪化させないためにも大切です。

 

 

 

妊娠線は絶対できないわけでは無い

 

妊婦さんの悩みの一つ「妊娠線」。お腹が大きくなるにつれて皮膚が引っ張られ、皮膚に亀裂のような線ができるのです。中にはお腹だけでなく、太ももやお尻などにできる人もいます。基本的に出産しても、消えることはありません。これを防ぐには妊娠初期からクリームを付けてお手入れすることです。しかしお手入れをしても、絶対できないわけではないのです。毎日クリームを塗っていたのに、気付いたら線が入っていたと言う人も少なくありません。ただしお手入れによってできる可能性を低くする事は可能です。少しでも防げるように、欠かさず肌をいたわってあげましょう。

 

 

 

妊娠線は突然できるものです

 

妊婦さんはお腹が大きくなると、ある日突然妊娠線ができているのに気付くことがあります。大きくなるお腹に皮膚が引っ張られ、割れ目のような線ができるのです。知らないうちにできることが多く、産後も残るためできるだけ予防したいものです。効果的なのは毎日クリームでお手入れをすることです。お腹が小さいうちから始めるのがポイントです。必ず防げるわけでは無いですが、できにくくするために妊婦さんの中では定番のお手入れなのです。

 

 

 

妊娠線予防クリームの正しい塗り方

 

妊娠線予防クリームは正しい方法で塗らなければ効果が得られません。それで、妊娠線予防クリームを適量手に取ったら、まずは両手で挟んで温めましょう。お腹の上に優しく塗りますが、その際注意すべきなのは力を入れたりマッサージをしたりしないということです。基本的に、妊娠線予防クリームには保湿成分や美容成分が豊富に配合されていて浸透しやすくなっているため、揉み込まなくても十分に浸透していきます。毎日欠かさず塗るのがポイントです。

 

 

 

手相で子供ができる時期が分かる妊娠線

 

人生でどんなことが起こるのか占うことができる手相の中には、子供がいつできるのかわかる妊娠線があります。感情線と生命線をまたぐようにできる線なのですが、最初にできた線がいつ恋愛がするかわかる恋愛線で、同じように並んでできる線が妊娠線になります。じつは妊娠線と恋愛線は同じ手相なので、恋愛することで子供を授かることができるというわけです。生命線のどこを横切るのかによって年齢もわかります。人差し指に近いほうが妊娠が早い傾向です。

 

 

 

妊娠線は紫や赤い色をしています

 

妊婦さんのお腹や胸や太ももなどにできる妊娠線。お腹が大きくなるにつれ、皮膚に割れたような線が入るのです。この線は紫や赤っぽい色をしているので、気付いた時にビックリする事もあるでしょう。でも出産して時間が経つと、だんだん白っぽく皮膚に近い色に変わっていきます。線は消えませんが、妊娠中のような目立つ色は消えていくのです。日々クリームなどでマッサージをして、お手入れに励むことで予防効果が期待できるでしょう。

 

 

 

妊娠線予防の塗り薬はどれがいい?

 

出産経験した方はまず気になる妊娠線。妊娠後期の「お腹が大きくなったタイミング」で妊娠線が出来たという方が多いようです。肌が乾燥してなんだか「痛痒い」「ピリピリする」が肉割れの前兆とも言われています。我慢しきれなくなって皮膚科や産婦人科塗り薬を処方してもらえば楽になるかと思えば、ステロイド系の強いお薬は妊婦さんには出されません。かゆみの原因は「乾燥」や「血行不良」によるものが多いため、専用のクリームを使用して保湿対策をしっかり行いましょう。

 

 

 

プラセンタエキスで妊娠線を消せるのか

 

プラセンタエキスは美容に良いことはとてもよく知られてはいますが、妊娠線は残念ながら完全に消すことは難しいです。ただ、目立たなくすることについては可能性は充分にあります。
 その理由としては、プラセンタには成長因子と呼ばれる成分が含有されています。この成長因子は、細胞分裂を活性化させる事ができるとても大切な成分です。成長因子の働きによって、腹部などにできてしまった妊娠線を目立たなくすることができます。妊娠線は、皮下組織がお腹が急激に大きくなったことによって裂けてしまった跡です。この裂けた皮下組織を成長因子が治す働きを持つほか、メラニンを抑制させることで綺麗な肌に近づけることができます。

 

 

 

妊娠5ヶ月、胸も妊娠線に注意しましょう

 

妊娠線が出来るのはお腹だけではありません。胸も、ホルモンバランスの変化や乳腺の発達から急激に大きくなり、その変化に耐えられなくなると妊娠線が発生しやすくなるのです。ことに妊娠5ヶ月を過ぎるときちんとしたケアが必要になります。入浴時などに皮膚を滑らかにするマッサージを日々コツコツ続けるとともに、正しいサイズの妊婦用ブラジャーを着用することが大切です。ことに胸の場合には、増えた重さに耐えかねた乳房の下側の皮膚にダメージを受けることが多いので、それをホールドできるような妊婦用のブラジャーを選ぶことが妊娠線を予防すると同時に、乳房が垂れることも防いで出産後に美しい胸を取り戻す素地にもなるです。

 

 

 

縦にできる筋は妊娠線?

 

妊娠中の女性であればほとんどの人が気にする妊娠線ですが、おへその下辺りに、まっすぐ縦に伸びる線を見つけてびっくりする人も多いのではないでしょうか。妊娠線だと思ってがっかりしてしまうかもしれませんが、実はこれは妊娠線ではなく、正中線と呼ばれるものです。人間であれば誰でも持っている線であり、妊娠中にメラニンが増えることで一時的に目に見えるようになります。ですがあくまで一時的な物であり、出産後時間の経過とともに薄くなっていくので、心配は要りません。

 

 

 

やばいと思った時には手遅れな妊娠線

 

お腹が大きくなった妊婦さんは、鏡で自分の姿を見た時にやばいと感じた経験がある人もいるでしょう。お腹に亀裂のような線が入る、妊娠線ができていることがあるのです。この妊娠線、やばいと思った時には手遅れなのです。基本的にできてしまったものは消えません。年配のお母さんのお腹にあるのを見た人も多いのではないでしょうか?これを防ぐには毎日クリームでマッサージが効果的です。絶対に防げるわけでは無いですが、できる確率を減らすために最もポピュラーな方法なのです。